MOSS TENTS BRAND STORY

CHARLES WILLIAM MOSS
1923-94

1923年 デトロイト(ミシガン州)生まれ、Ann Abor High School卒業後、NAVY入隊。その後LAYTON ART SCHOOL、CRANBROOK ACADEMY OF ARTに入学

1949年 FORD MOTOR COMPANY入社、念願であったFORD TIMESのイラストレーターとして活躍

1955年 世界発となるドーム型テント”POP-TENT”を製作、自らの趣味であるダックハンティングやフライフィッシング用に考案。時期を同じくしてキャンプ、ピクニック、ビーチシェード用に”PARAWING”タープを考案。

1960年 C.WILLIAM MOSS ASSOCIATESをAnn Arborで創業

1963年 MARILYNと結婚

1968年 O’DOME、PARADOMEの開発

 

MOSS TENT WORKS (1975~)

1975年 TENT WORKS INC. その後 MOSS TENT WORKS INC.を CAMDEN (メイン州)に設立 (C.E.O.は MARILYN MOSS)

1980年 ”OPTIMUM 200″ コットン製大型テントが *A National Endowment For The Arts Award受賞

1982年 ニューヨーク近代美術館(MoMa)に”STAR GAZERⅡ”がキャンプ用品としては唯一永久展示される、ルーブル美術館(PARIS)でもSILK製の”STAR GAZER”が展示される

1983年 BILL MOSS 、MOSS TENT WORKSを退社、その後MARILYNと離婚、MARILYN MOSSが引続きC.E.OとしてMOSS INC.を経営(~2001年)

1994年 MOSS INC.のTENT部門をR.E.Iに売却、その後R.E.IがMSRを買収したことでMSRがMOSSのデザインノウハウを一部継承

2001年 MOSS INC.をEXHIBITS会社に売却 

2019年 J.W.MOSS ENTERPRISE社(USA)とSOLO STAR JAPAN CO., LTD.(JPN)がMOSS TENT BRANDの商標、アーカイブ、資料などの使用権をメインライセンシーとして契約(日本、中国、韓国、台湾)

2020年 MOSS TENTS BRANDのETHOSを継承すべく、新たにMOSS JAPAN INC.を設立

From POP to OP

世界初のAUTO CAMPING

POP-TENT(1955~)

1955年 BILL MOSSはCIVIL WAR以降の狭くて暗い”A”シルエットテントに代わって快適で持ち運び可能な世界で初めのドーム型テントを考案した。

フラット面を嫌い、曲線で構成されたインナー容積は約1.5倍になりアンブレラのように簡単に設営できるこの”POP-TENT”は1960年代のアメリカアウトドア文化の象徴になった。

当時のアメリカではステーションワゴンブームと週休2日制により、同時期に発売されたタープ名品”PARAWING”とともに素晴らしいセールスを記録しアメリカにおけるAUTO CAMPINGが拡大した。これは当時の社会現象といえるほどで、TIME MAGAZINE、NEWSWEEK、などにも大きく掲載された。1961年は1650万人のキャンパー人口で、前年より200万人増えたと報告されてます。

また、2019年にトム・ハンクス主演映画 A Beautiful Day in the Neighborhood でも”POP-TENT”のセットアップシーンが上映された。

COTTON TENTの優美

OPTIMUM TENT(1978~)

OPTIMUM TENTをクリエイトする以前のBILLはTENSION FABRIC TECHNOLOGYを用いて、パーティやトレードショー、カーディーラーなどのイベントマーケット向けに大型構造物を製作しており、一方”ARCADIA” “THE ENCORE”  “THE DOMUS” “STAR GAZER”などNYLON素材でのファミリーキャンプ向け製品も発売していました。

BILLは湖畔や森林、避暑地でのサマーハウジング、ファブリックキャビンを考えており1978年に”OPTIMUM 200,350,600,1500″のプロトタイプを発表しました。(*床面積OPTIMUM200は200sqft=約18.5平米、OPTIMUM350は約32.5平米)

インナーにCOTTON DUCK、フライにCOTTON POPLINを用いた大型テントは通気性、居住性、採光性に優れ何よりも遊牧民ゲルやモスリン神殿を連想させる優美な曲線で構成される躯体は数々のデザイン大賞に輝き40年余を経た現代でも唯一無二の存在感です。

“A tent to me is a piece of sculpture you can get in.” BILL MOSS

“I brought my art off the wall, it became art to live in, spend time in.” BILL MOSS

OPTIMUM TENTは自らの製品を”住める芸術品”とBILLが語っていたように、MOSS TENT WORKS従業員はColemanランタンの明かりの下でマットレス、ラグ、椅子、テーブル、ベッド、クッキングストーブ、TVを装備し2年近く居住し、今でいう上質で快適な”GLAMPING LIFE”を過ごしました。

COTTONテントは高価なうえ生産数も少なくその芸術性の高さから”OPTIMUM” TENTはMOSS BRANDの象徴的な存在です。

PAGE TOP
MENU